【旅行レポ】家族旅行にはクルーズがおすすめ!【育児休暇中におすすめ家族旅行】

クルーズ旅行は家族旅行におすすめ その他家族旅行

子連れでも旅行を楽しみたいけど、子供と一緒だと荷物も多いし、移動も大変。何かいい旅行先はないかな?

子連れ旅行にはクルーズがおすすめって聞いたけど、実際はどうなの?本当に安いの?

パークファミリー
パークファミリー

2019年6月中旬に5泊6日でクルーズの旅をしてきました!
子連れでの初めての家族旅行でしたが、コストも抑えられるし何より楽しかったです!

クルーズは子連れ旅行におすすめ!【育児休暇中のおすすめ家族旅行】

クルーズ旅行は家族旅行におすすめ

育児休暇を夫婦でとっていると、時間はある、お金はない(笑)
こんな状況に多々遭遇しています(笑)そんな時におすすめなのがクルーズ旅行です。
クルーズには、子連れの家族のファミリー旅行にベストマッチしているんです!

 

家族旅行にクルーズをおすすめする3つの理由!

ざっくりいうと、クルーズはお得で手軽に色々な遊び方ができ、移動が楽チンです!おすすめの理由を3つ紹介します。

1. 寝ながら快適に観光地へ移動!【家族旅行にクルーズをおすすめする理由】

寝て起きたら観光地!そんな夢のような移動手段があるんです!

クルーズ旅行は家族旅行におすすめ

飛行機、電車、車だとどうしても移動手段で疲れちゃうし、子供もグズグズ・・おむつ替えのスペースなんてもう皆無に等しいって場面ありますよね‥。
クルーズ旅行は家族旅行におすすめ

でも大丈夫!クルーズなら自分の部屋にベッド、トイレ、シャワーまでついているので、快適に過ごしながら目的地へ移動できちゃいます!
おむつ替えも自分の部屋でできるので、気遣いすることもありませんでした
そして何といっても、起きたら観光地へ到着しているという点が最高でした!

クルーズ旅行は家族旅行におすすめ

移動時間は確かにかかっているけど、寝ている分、感覚的には一瞬で目的地へ着いているイメージですね(笑)
でも、飛行機で行ってホテルで一泊するのと、船で行く間に寝て次の日の朝についているのを考えると、現地で遊ぶ時間なんてそれほど変わらないんじゃないかと思います。

2.クルーズでのアクティビティが充実!【家族旅行にクルーズをおすすめする理由】

クルーズ旅行は家族旅行におすすめ

クルーズには、朝昼夜のブッフェはもちろん、バー、映画鑑賞、ショー鑑賞、プール、ジム、スパ、クラブ、カジノなど大人が楽しめるアクティビティーから、キッズスペースやキッズ用のレクリエーションなど、子供が楽しめるアクティビティーもあります。

クルーズ旅行は家族旅行におすすめ

毎晩お昼過ぎと深夜に提供されている軽食ブッフェ。ランチ時間を逃してしまっても食べ物にありつけます!

また子供を預けられるスペースも完備されているクルーズが多い(もちろん利用料はクルーズ料金にあらかじめ含まれているので現地で料金を払うことはありません)ので、大人がショーを見ている間に子供は子供だけでキッズアクティビティーに参加したり、各個人が有意義に過ごせるような工夫もされていました!

クルーズ旅行は家族旅行におすすめ
例えば、クルーズでは東京から大阪まで半日かけて移動しますが、食べ物はもちろんバーレスクやマジックショーなど豪華絢爛なアクティビティがあり移動も楽しめます。

3. 子供料金が無料or半額!【家族旅行にクルーズをおすすめする理由】

クルーズでは、子供の料金が無料、もしくは半額の船がほとんどです。
つまり、交通費、レクリエーション代金、食費、宿泊費など多くの部分が無料もしくは半額になるということです!これはありがたい・・・
例えば、私たちが利用したコスタ・ネオ・ロマンチカ号は13歳以下の子供が無料です。

クルーズ旅行は家族旅行におすすめ
子供を連れての家族旅行って、普通はかなり金がかかるもんなんです。でもクルーズ旅行なら通常の旅行よりもはるかに安く楽しめます!

【クルーズ日程】日本の名所を巡ってきました!【クルーズで家族旅行】

今回は子連れで、コスタ・ネオ・ロマンチカ号で日本の名所を巡る5泊6日の家族旅行に行ってきました!
[スケジュール]
1日目:日程、東京の大井埠頭から出航
2日目:神戸に寄港
3日目:1日クルーズ内で過ごす
4日目:高知に寄港
5日目:長崎に寄港
6日目:釜山にて下船

詳しい詳細は下を見てね!↓

1. 神戸(兵庫県)で夜景を堪能【クルーズで家族旅行】

神戸では、ルーフトップバスに乗り市内を観光、その後明石焼きを食べ、神戸市役所にて夜景を楽しむという超定番のコースを堪能しました!

クルーズ旅行は家族旅行におすすめ
ルーフトップバスに初めて乗ったのですが、とても良い!
何がよいかというと、まず子供が無料な点です。あとは市内を自分の足で観光しようとすると電車をベビーカーで乗らなければならなかったり大変だと思うのですが、バスなら目的地まで自分の足を使わなくて済むので煩わしさがなくてGOOD!

クルーズ旅行は家族旅行におすすめ

神戸市役所からは、停泊しているコスタ・ネオ・ロマンチカ号をみることができました!

次に市役所の展望台ですが、展望台に上がるエレベーター付近におむつ替えスペースがあったので大変助かりました。市役所から見た夜景は本当にきれいだったので、皆さんもぜひ行ってみてください!ちなみに無料です!!

クルーズ旅行は家族旅行におすすめ

神戸市役所からの神戸市の夜景。停泊中のクルーズ、コスタ・ネオ・ロマンチカ号も見えました!

2. 高知(高知県)で珍しい水族館「桂浜水族館」へ!【クルーズで家族旅行】

クルーズ旅行は家族旅行におすすめ

高地県では、月曜から夜更かしで有名な「桂浜水族館」に行ってきました!
入園料は一人1200円と少々お高めですが、ここの水族館は本当に面白かったです!

まず、スタッフさん達がフレンドリー♪そしてゆるい笑
桂浜水族館では、色々スタッフさん達と会話しながら動物たちの生態などを学ぶことができますので、子供は喜ぶかも。

クルーズ旅行は家族旅行におすすめそして、高知県の桂浜水族館は動物たちとの距離がすごく近いです!アシカとのショーはアシカが目の前まで来てショーを楽しめるし、カピバラやリクガメ、そしてウミガメには直接エサをあげることができます。ペンギンはそこら辺をお散歩していました(笑)

桂浜水族館を楽しんだ後は、桂浜ビーチを散策しました。
坂本龍馬関連のお土産物なども多く売っていました。
私たちは、坂本龍馬像のところで記念撮影をしました!

クルーズ旅行は家族旅行におすすめ

桂浜水族館は、桂浜ビーチ沿いにあるのですが、高知では有名?なアイスクリンが売っていました。シャーベットのようなソフトクリームのような、なんとも言えない絶妙な食感!値段は忘れてしまいましたが、確か250円くらい?

サッパリしていてとても美味しかったです。

クルーズ旅行は家族旅行におすすめ

クルーズの下船地、高知県の桂浜で食べたアイスクリン

3. 終日クルーズ【クルーズで家族旅行】

この日は終日船内で過ごしたのですが、船内のレクリエーションが充実していて全く飽きることがありませんでした。

クルーズ旅行は家族旅行におすすめ

前日夜に部屋に配布されるTODAYで、1日の乗船スケジュールが公開されます。

夜は船長主催のパーティーがあり、フォーマルな服装が指定されていました。船内もちょっと大人の雰囲気でしたが、フォーマルな服装をしている子供もちらほら見え、大人だけでなく子供も楽しめる雰囲気づくりがされていると感心しました。

クルーズ旅行は家族旅行におすすめ

この日の夜のクルーショーでは、クルーによるエンターテイメントが開催されました。ダンスや歌、クルーの出身国の伝統舞踊などなど、非常に多彩な能力が発揮されていてとても面白かったです。
まさに、クルーズに乗っているだけで世界中を体験できました!

クルーズ旅行での船内ショー、バリの伝統舞踊

クルーの出身国、インドネシア・バリ島の伝統舞踊

4. 佐世保(長崎県)でハウステンボスへ!【クルーズで家族旅行】

長崎と言ったらハウステンボス!クルーズを下船して、ハウステンボスに行ってきました!

クルーズ旅行は家族旅行におすすめ

ハウステンボスの全体的な雰囲気としては、木製の風車がオランダを感じさせ、アトラクションに乗るというよりは、風景を楽しむテーマパークという印象でした。

クルーズ旅行は家族旅行におすすめ
長崎のハウステンボスのアトラクションについては、VRなど最新の技術を取り入れたものが多く、他のテーマパークにはない特別感がありました。

クルーズ旅行は家族旅行におすすめ
特にVRをつけてメリーゴーランドを楽しむアトラクションが斬新!!
メリーゴーランドに乗るなんて何十年ぶりだろうと思っていたけど、乗ってびっくり超面白い!!
VRアトラクションは、シングルライダーでも十分に楽しめるので、夫婦で順番に乗れるのもいいですね。

長崎のハウステンボスでVRアトラクションを体験

ただ、長崎のハウステンボスには子連れで楽しめる乗り物が少ないし、子連れの人が楽しめるような配慮も他のテーマパークと比べると少ないように感じました。

5. 釜山(韓国)で韓国料理を食べ尽くす!【クルーズで家族旅行】

最終日は釜山で下船、私たちのクルーズ旅行の終着地点です。
釜山には魅力的な観光地が沢山ありました!
クルーズ旅行は家族旅行におすすめまず釜山タワーは高さは120mとそれほど高くないですが、山の上にあるので釜山の街並みを一望できます。夜にはライトアップされるだけでなく、展望台の中からプロジェクションマッピングを行っているので、昼とはまた変わった雰囲気を楽しめます。

次に、釜山のマチュピチュと言われる「甘川文化村(カムチョンドンムナマウル)」へ行きました
今インスタ映えスポットとして人気を高めているそうです。
クルーズ旅行は家族旅行におすすめ山を登っていくのですが、山下にはカラフルな家があたり一面にあり、とても綺麗でした。
道中には星の王子様が山下を眺めている像があるなど、至る所にカラフルなインスタ映えスポットがあり、たくさんの家族写真も撮れてとても楽しかったです。

クルーズ旅行は家族旅行におすすめ
最後に、食べ物といえばチャガルチ広場!!釜山は海が近く、新鮮な魚介類などをチャガルチ広場で食べることができます。
また、チャガルチ広場にはお土産も充実しているので(しかも安い!)お土産をここで購入しても良いですね。

クルーズ旅行は家族旅行におすすめ
あとは、個人営業の店が多いので、値段交渉ができます(笑)ローカルな雰囲気を楽しみたい!現地の人とコミュニケーションをとってみたい!という人は、是非チャガルチ広場に行って値段交渉をしてみましょう!

私たちのクルーズはここで終了、日本まで飛行機で帰りました。

クルーズ旅行は家族旅行におすすめ

クルーズ旅行は本当に安い!? 費用を大公開!【クルーズで家族旅行】

私たちは、2019年6月に、大人2人と0才の乳児1名の3人でクルーズ旅行をしました。
3人の家族旅行は、合計で20万円
約1週間の旅行で、クルーズ内の飲食費・移動費・宿泊費まで込み込みです。

クルーズ旅行の明細

クルーズ費用:170,000円
(大人1人当たり:85,000円、子供0円)

クルーズチップ:15,000円
(大人1人当たり:1,500円、子供0円)

現地観光費用:約23,400円
※現地での細かい食費や飲み物代は覗きます。

神戸:4,000円 (ルーフトップバス料金3,000円、電車代1,000円程度)
高知:5,400円(桂浜水族館料金、タクシー代)
佐世保:12,000円(ハウステンボス入場料、電車代)
釜山:5,600円(釜山タワー入場料1,600円程度、現地ツアー代4,000円程度、ホテル代は含んでいませんが大体3人で1泊4,000円くらいでした。)

クルーズ乗船前と乗船後のギャップと注意点【クルーズで家族旅行】

私たち夫婦は、それなりに旅慣れていると思っていましたが、かなり普通の海外旅行とも国内旅行とも違うと思ったところがありました!
クルーズについてのイメージと合致する部分、ギャップの部分を以下にまとめたので参考にして頂けると幸いです。

クルーズ旅行は家族旅行におすすめ

 

良い意味で”豪華絢爛”っていうほどではない。【クルーズで家族旅行】

クルーズ旅行は家族旅行におすすめ

コスタ・ネオ・ロマンチカ号は、クルーズの中では比較的安いカジュアル船で、服装もカジュアルで過ごせました。ただ、他のクルーズ(プリンセス号など)は服装はフォーマル指定があったりと、クルーズごとに雰囲気が違いそうです。

クルーズ旅行は家族旅行におすすめ

クルーズのアラカルトディナーで食べたケーキ。イタリア船だけありデザートが美味しい!

でも、コスタ・ネオ・ロマンチカ号でもドレスアップを楽しんでる人は沢山いて、子供もドレスアップしてみたりと各自おしゃれを楽しんでいました
なので、普段おしゃれできていないけどおしゃれしたい人や、クルーズ初心者におすすめ!
あとは、意外とカジュアルなのでヒールも履けないし授乳服じゃないとまだ無理って人にもおすすめ!子連れ旅行に向いていると感じました。

 クルーズのプールが結構小さい。【クルーズで家族旅行】

クルーズってプールが大きくて、みんなプールで遊んでいるイメージだったけど、コスタ・ネオ・ロマンチカ号はプールが小さく、子供5人入るともうパンパン状態(笑)まぁ前後で2つプールがあったので、合計子供10人から15人くらいがキャパシティーかな・・

クルーズ旅行は家族旅行におすすめ
夏場の旅行だと人が溢れかえりそうだと感じました。私たちは6月の乗船だったので、まだプールには寒かった&子供が0歳なのでプールはまだ早すぎたので結果オーライ☆

ドリンクパッケージはいらない。【クルーズで家族旅行】

ドリンクパッケージとは、1日一人35ドルを払えば、旅行中いつでも12.99ドル以下のお酒、ソフトドリンクが飲み放題になるパッケージです。
予約したプランによっては、最初からドリンクパッケージが込になっていることもあります。

コスタ・ネオ・ロマンチカ号でブッフェスタイルの場合、紅茶やお水はあるので、のどの渇きは潤せます・・

クルーズ旅行は家族旅行におすすめブッフェにはカフェインレス紅茶もあるのがうれしかったです。
アラカルトのレストランだと飲み物はオーダーする形になり、ドリンクパッケージをつけてない方は有料になります。

色々悩んだ結果ドリンクパッケージはつけなかったけど、家族旅行中だとお酒をたくさん飲むわけではないので、やっぱりドリンクパッケージは必要ありませんでした。飲みたい時にソフトドリンクを注文すればOK。

また、11階にいつでもソフトドリンク(コーヒー、紅茶、水)が飲めるカフェがあるので、ドリンクパッケージを付けなくとも問題なく過ごせました!クルーズ旅行は家族旅行におすすめ

意外と英語環境、外国人が多い!【クルーズで家族旅行】

今回は国内旅行でしたが、船の中には外国人が沢山!!特にイタリア人が多かったイメージです。(コスタ・ネオ・ロマンチカはイタリア客船だからかも?)
私たちが出会って少し会話をした外国人は、イタリア、南アフリカ、チリからきた人たちでした。
なので、下船するとなんだか海外旅行から帰国してきた気分に!(笑)

クルーズ旅行は家族旅行におすすめ
船内では意外と英語を使用する場面があり、下手な海外旅行よりも、英語に触れる機会が圧倒的に多かった気がします。
でも大丈夫!日本語でも十分に対応してくれるクルーばかりだったので、英語を話せない方も問題なく快適に利用できます。(日本人はご高齢の方の利用が多く、その方たちのほとんどは日本語のみを話しておりました。)

子供用アクティビティに参加したら、子供は英語漬けになって友達もできるしいいかもしれませんね(うちの娘にはまだ早すぎるけど(笑)

子連れ旅行にクルーズ旅行はおすすめです!【クルーズで家族旅行】

今回子連れで初めてクルーズ旅行をしてみて、クルーズは子連れのファミリー旅行にはぴったりの手段だと実感しました!

クルーズ旅行は家族旅行におすすめ
とにかく、プライベート空間が広い、船内アクティビティーが多いから移動手段が楽しめる、そして安い!!これに尽きます。
ただ、デメリットは、移動時間が多いから、遠いところに行く場合、現地での時間がどうしても少なくなってしまいます。
クルーズ内での生活も旅行の一部として楽しめるので、クルーズ旅行は子連れ家族には超おすすめです!

タイトルとURLをコピーしました